HOME > akamon lab ブログ > 勉強を楽しくするコツとは?

akamon lab ブログ

< 宅浪で大学受験を成功することはできる?  |  一覧へ戻る  |  中学受験が終わった後に燃え尽き症候群に? >

勉強を楽しくするコツとは?

勉強がつらい理由と楽しくするコツ

勉強がつらいと感じる理由は様々ですが、今回はその中でも代表的な3つの理由を解説します。

勉強がつらいと感じる理由

成績が伸びない

日々努力しても成績が伸びないと、モチベーションが低下してしまいます。努力が報われない期間が続くと、勉強に対する意欲が失われ、ストレスが増大します。こうした状況では、勉強そのものが楽しくなくなってしまいます。このような時は、別の勉強方法を試したり、先生や予備校の助けを借りることが必要です。

勉強の必要性を感じていない

多くの受験生は「受験勉強って社会に出てから役に立つの?」という疑問を抱きます。漢文や物理の知識が実生活でどれだけ役立つのか、疑問に思うことがあるでしょう。この疑問が勉強の動機を弱め、楽しさを感じにくくします。

理解できないから

勉強が楽しいと感じていた頃は、学習内容が簡単で理解しやすかったはずです。しかし、学年が上がるにつれて難易度が上がり、つまずきやすくなります。理解できないと演習問題が解けず、成績も伸びません。これが勉強の楽しさを奪う原因となります。

勉強を楽しくするコツ

次に、勉強を楽しくするための具体的なコツを紹介します。

予習・復習をする

勉強がわからない・問題が解けない場合は、予習・復習を徹底しましょう。予習では「わかるところ」と「わからないところ」を区別し、効率的な学習を目指します。理解できない部分は基礎に戻って学び直すことで、スムーズに進むことができます。達成可能な小さな目標を設定し、少しずつレベルアップしていくのがおすすめです。

勉強の方法を工夫する

レベルに合った勉強をするためには、予備校や塾を活用しましょう。特に少人数制のクラスや、講師との距離が近い環境が理想的です。また、勉強にゲームの要素を取り入れることも効果的です。例えば、タイムアタックを行うことで集中力を高めたり、友達と問題を出し合うことで知識を深めることができます。

勉強に対する考え方を変える

勉強が義務になっている場合は、何のために勉強しているのかを再考しましょう。受験勉強は将来の夢を実現するための手段です。勉強を「義務」ではなく「将来への投資」と考えることで、意欲が湧いてくるでしょう。学んだ知識を将来に生かすことができると理解すれば、勉強も楽しくなります。

学習目標を達成したら自分にご褒美をあげる

勉強がひと段落したら、自分なりのご褒美を設定しましょう。小さな目標を達成した際にはお菓子を食べるなど、大きな目標を達成した場合は一日遊びに行くなど、目標に応じたご褒美を設定することで、モチベーションを高めることができます。

勉強をゲーム感覚で進める

勉強をゲーム感覚で進めることで、学習の楽しさをアップさせることができます。例えば、一定時間内に問題を解くタイムアタック式の勉強を取り入れることで、ゲームのような感覚で学習を進めることができます。

勉強が楽しいと感じる人の特徴

最後に、勉強が楽しいと感じる人の特徴について見ていきましょう。

好奇心旺盛

勉強が楽しいと感じる人は、旺盛な好奇心を持っています。どんなことにでも興味・関心を示し、学習を楽しんでいます。

勉強することに価値を感じている

勉強が楽しいと感じる人は、学習することの価値を高く感じています。勉強が役に立つことを理解し、その知識を生かすことに喜びを感じています。

知識が役に立つことが嬉しい

勉強が楽しいと感じる人は、学んだ知識が後々役に立つことに喜びを感じています。知識を積み重ね、それを生かす機会に恵まれることに満足しています。

勉強が楽しくないと感じる人も、これらの視点を取り入れて学習に取り組むことで、楽しいと感じるようになるかもしれません。勉強の目的を明確にし、主体的に取り組むことで、勉強が楽しくなることを願っています。


< 宅浪で大学受験を成功することはできる?  |  一覧へ戻る  |  中学受験が終わった後に燃え尽き症候群に? >

このページのトップへ